約150万人いると言われる脳梗塞患者

脳梗塞とは、脳の血管が細くなったり、脳の血管が詰まったりする事によって、脳組織に十分な酸素や栄養が行き届かなくなってしまい、その状態がある程度続いてしまうと、脳組織に障害を受けてしまうという病気で別名、脳軟化症(のうなんかしょう)とも言われています。

約150万人いると言われる脳梗塞患者

日本では、脳梗塞を発症する方が毎年に約50万人もいると言われており、脳梗塞を患っている患者数は約150万人とも言われています。

脳梗塞を発症してしまいますと、後遺症が残ってしまう確率が非常に高く、その為介護生活を余儀なくされている方が大半を占めています。

日本の死亡原因の中でも、脳梗塞で命を落としている方が非常に多いと言われています。

脳梗塞は、症状の状態などによって「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓症」などの三つのタイプに分類されています。

「ラクナ梗塞」とは、脳の中の太い血管から徐々に枝分かれして細くなっていく血管が狭くなることで詰まりを引き起こしてしまう脳梗塞です。

主な原因は加齢や高血圧とされており、以前は日本の脳梗塞の半数を占めていたと言われています。

睡眠中に特に発症する事が多いとされ、梗塞部が小さい為、症状がでない場合もあります。でたとしても比較的に軽めの症状となります。

「アテローム血栓性脳梗塞」とは、脳の太い血管が動脈硬化を引き起こした事により、血管に血栓が出来てしまい、その結果血管が詰まってしまう脳梗塞です。

動脈硬化を引き起こす主な原因は、生活習慣病と言われています高血圧、加齢、糖尿病、高脂血症、喫煙などが挙げられます。

こちらも、ラクナ梗塞と同様で睡眠中に発症する事が多いとされています。

「心原性脳塞栓症」とは、脳の太い血管が、心筋梗塞や心臓弁膜症、心房細動などの原因から心臓に血栓ができてしまい、その血栓が脳に流れ血管が詰まってしまうという脳梗塞です。

こちらのタイプは、発作が起きたような感じて突然、発症してしまうパターンが特徴的です。特に日中など、活動している最中に発症する事が多いとされています。

こうしたように脳梗塞にもいくつかの種類があるのです。一般的には脳梗塞を発症してしまうと、突然意識を失い倒れてしまうというイメージが強いかと思われますが、脳梗塞を発症する前提として「隠れ脳梗塞」が発症しているのです。

しかし隠れ脳梗塞はもの凄く微小なため、症状が全くでない場合や、出ても比較的に軽い症状の為、ほとんどの方が気に留める事なく発症しても気づかないと言われています。

その為、放置されてしまう事が多いそうですが、脳の所々に隠れ脳梗塞が増えてしまうと、更に症状の重い脳梗塞の発症を引き起こしてしまう事が多いそうです。

ですので日頃から、隠れ脳梗塞を発症しないような生活習慣を身につけ、ご自身で脳梗塞を引き起こさないよう出来る範囲の予防を心掛ける事が大切です。